2015年04月13日

生きた言葉で語る

自分の気持ちを率直に語るというのは難しいものです。

ここ数年、地域の課題や解決策についてお話しする機会が増えました。
地域の行政改革について意見を述べるのであり、当然といえば当然です。

依然は会社の経営実務とか、人間学の学びの一環として人物を語ることが中心でした。

双方について共通していることですが、自分の気持ちを率直に語ることは難しいと常に思っています。

そんな中、改めてスピーチを見直すべきだという記事がありました。

産経新聞の4月9日版。
「解答乱麻」という欄で、木村貴志さん(パッカーズ寺子屋塾長)が「生きた言葉で語る指導を」と題して持論を述べていました。

10歳から15歳の子どもたちを教育するパッカーズ寺子屋では、スピーチ指導を重視されているそうです。

指導されていて、最も苦労されるのは染みついた習慣をとることだそうです。

強固に染みついた3つの習慣が紹介されていましたが、ハッとしました。
自身の問題点を指摘されているようでした。

その3つの習慣と、それが何故だめなのかの解説です。

@書いてきた原稿を読む
A原稿を暗記して話す
Bそれらしいことを言おうとする

まず、「書いてきた原稿を読む」というのは、紙切れを相手として話すことだし、「暗記した」ことを話すの野は自分の記憶と対話することでしかない・・・と、手厳しい。

これは、目の前の人間を尊重し心から自分の思いを伝えようとはしていない。

確かに指摘の通りです。

要するに、「書き言葉」と「話し言葉」とは違うということ。
言語の働きが違うので、「書き言葉」で話せば、かたくて舌に乗らず、人間らしい感情は伝わらない、という指摘です。

「それらしい良いこと」を語っても、それは自分を良く見せようとの作為や自分の考えを持たぬ空虚さでしかない・・・。

厳しいがよくわかる。
振り返ってみると、指摘の通りである。

「生きた言葉で、率直に語る」
この原点をもう一度確認しなければいけないと思っています。

posted by 伊藤やすのり at 09:21| Comment(0) | やすのり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。